ボランティア・寄付のご案内

ボランティア・寄付のご案内ボランティア・寄付のご案内

ご寄付およびご協賛のお願い発達障がい者が生涯、スポーツをできる社会へ

この度、当法人では新たに「フットサル」等、運動を通じて発達障がい者支援事業を行う「COCOSPORTS(ココスポーツ)」を発足することとなりました。
本事業を開始し、児童向けのスポーツ療育及び大人向けの余暇活動の場を提供するために一般利用も可能なクラブハウスやフットサルコートを建設いたします。
非常に多額の費用を要するため、一部費用をご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

スポーツで発達を支える、促す

昨今、PARA-SPORTS(障がい者スポーツ)がメディアに取り上げられることが増えてきました。
国際的に一番有名なものはパラリンピックで、様々な障がいを持つ人々が、スポーツで世界の頂点を目指して戦っています。
また、障がいの種類によって、デフリンピック(聴覚障がい者)やスペシャルオリンピックス(知的障がい者)といった特有の活動も存在します。
しかし、発達障がい者のスポーツ参加は、上記に挙げた種類の障がい者に比べて、社会的な取り組みが遅れています。
そういった社会環境に一石を投じようと、ココスポーツでは発達障がい者がスポーツを通して社会参加ができるような環境づくりをいたします。

発達障がいの子どもとスポーツ

特性に対応した方法で教え
子どもが脱落しにくい環境をつくっていきます

発達障がいを持つ子どもの特性を理解せずに教えてしまうと、子どもはその特性のために、「説明を聞けない」「今、何をすべきか分からない」といった状況に陥ってしまいます。 その状況で、チームメイトなどの反感を意図せず買ってしまい、その結果、子どもが居づらい雰囲気となり、チームだけでなく、そのスポーツ自体をも嫌いになり脱落してしまいます。
ココスポーツでは、プログラムを通して、特性に対応した方法で教え、子どもが脱落しくにくい環境をつくっていきます。

発達障がいの大人とスポーツ

余暇活動の場を提供し
就労とは異なる社会進出のお手伝いをいたします

昨今、就労支援事業や積極的な政策介入によって、障がい者の働く場は増えています。
発達障がい者の就労における社会進出も進んできています。
しかし、発達障がい者の生活を考えるとき、働くことと同様に「余暇活動」も大切だと感じています。
ココスポーツでは、この考えに基づき、発達障がい者に余暇活動の場を提供し、就労とは異なる社会進出の一助となるように尽力いたします。

ココスポーツ事業は「フットサル」と「発達障がい者支援」という私の二つの専門領域で、「スポーツを通した発達障がい者の社会参加」を目指す社会福祉事業です。
こういった社会福祉事業を続けるには、我々のような支援者の介入だけでは成り立ちません。継続的な社会全体からの精神的支援や資金的支援が重要です。
事業に対する理解と、事業が目指す社会像への投資が必要となります。皆様の理解ある資金的支援を心より感謝いたします。

寄付金の使用目的 ココスポーツ事業における「施設建設費」及び「設備・備品等購入費」

施設

  • クラブハウス
  • フットサルコート
  • 周囲防護ネット等

設備

  • ゴールポスト
  • 空調設備
  • メンテナンス機器等

備品

  • ユニフォーム
  • ボール
  • メンテナンス備品等

税制上の優遇措置

ご寄付により、一定程度、税制上の優遇措置が受けられます。

税制上の優遇措置を詳しく見る

■ 寄付金等取扱規定(抜粋)

(目的)

第1条この規定は、一般社団法人たけのこ(以下「当社団法人」という。)が受け入れる寄付金等に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(寄付金等の種類)

第3条当社団法人が受け入れる寄付金等の種類は、次のとおりとする。
 (1)一般寄付金
寄付者が使途を特定せずに寄付した寄付金
 (2)特定寄付金
寄付者が使途を特定した寄付金
2 この規定における寄付金等には、金銭のほか金銭以外の財団を含む。

(寄付金等の取扱い)

第5条一般寄付金については、50%以上を公益目的事業に使用するものとする。
2 特定寄付金については、全額を寄付者の特定した使途に使用する。

(情報公開)

第9条当社団法人が受領する寄付金については、公益社団法人及び公益法人の認定等に関する法律施行規則第22条項第5項各号に定める事項について、事務所への備置き及び閲覧等の措置を講じるものとする。

(個人情報の保護)

第10条寄付者に関する個人情報については、別に定める個人情報管理規程に基づき細心の注意を払って情報管理に努めるものとする。