たけのこについて

ごあいさつ

私たちには、「社会に出て働き、自立できる人」を育成したいとの思いが創業のころからありました。その思いはココステージを運営すればするほど、大きくなっていきました。
なぜなら、ココステージの利用者の保護者様から「自分がいなくなったあと、この子は大丈夫だろうか。生きていけるだろうか。」という切実な声を多く聞くようになったからです。
そこで、子どもたちに対する療育の質を高めることが、その願いを果たすことにつながるのではと考えました。そのために私たちは、公益社団法人「子どもの発達科学研究所」の協力のもと、共同での研究活動を始めました。
研究所のコンセプトである、子どもの発達や学びについての科学的根拠に基づいた正しい知識や具体的な支援方法を社会に広げ、子どもたちを笑顔にできるような仕組みを広めたいという考えに賛同するとともに、ココステージを社会実装の場としてその取り組みを進めてまいりました。
ココステージでの取り組みを広めることが、早く確実に社会に療育の根を広げることをにつながると確信しています。このことが、多くの子どもたちの「自立した生活」つまりは社会で働き、自分の役割を果たし、生活を楽しむという大人生活に着実に結びつくと信じています。

たけのこについてたけのこについて

理念

全ての子どもたちの成功を目指す
(利用者第一主義)

ココステージでは、何よりも利用者である子どもたちの成功を第一に考えます。そのことは、子どもたちの幸せだけでなく、ご両親やご家族をはじめとする周りの皆様、さらには社会全体の幸せにつながるからです。
全ての子どもたちの成功を目指すために、具体的には以下のことを重点に取り組みます。

幼児期から成人期までの途切れない支援の実現
(「働く人になる」を重視し、「働く」までをサポート)
ココステージでは、独自に開発したBePSS(Best Practice Support System:「ベストな実践」支援システム)により、利用者である子どもたち一人一人の実態、支援のニーズなどをデータベース化し、ココステージFCの全ての教室で共有することを可能にしました。そのため、幼児期から成人期まで、支援者、支援場所、発達段階が変わっても、途切れることない支援を実現します。
また、支援の目的を「子どもたち一人一人が、成人期になって、その子どもなりの『働く人』になり、仲間や家族とともに幸せな生活をすること」と位置づけ、『働く人』に必要な知識、スキル、体験を提供します。
一人一人のニーズにあった支援の展開
ココステージは、BePSSにある大規模データベースを用い、子どもたち一人一人のニーズにあった支援を提供します。こうした支援ニーズは、発達段階、支援環境、支援者が変わっても、その状況に合わせたベストのものを提供することができます。
支援の状況や目標達成は、BePSSによってモニターされ、明確に利用者に提示します。また、目標達成が十分でない場合は、再度アセスメントをし直す、具体的支援方法の見直しをするなどを行い、利用者である子どもたちの発達を第一に考えます。
豊富な体験の場、活動の選択肢を提供
ココステージでは、教室内外において、将来の自立に必要な活動の体験の場(例えば、公共交通機関及び公共の場の利用、買い物など)や将来の余暇になるであろう活動の体験の場(例えば、スポーツ、楽器演奏、音楽鑑賞、映画鑑賞、アートなど)、将来の就労に役立つであろう活動の体験の場(例えば、工場見学、職場体験、仕事体験など)を提供します。(これらは教室によって違います)
また今後、社会がICT化されることを見越して、各教室にパソコン、タブレット等を用意し、インターネットを使った学習、探索、社会参加の場を用意します。
こうした豊富な体験の中から、利用者である子どもたち一人一人の活動の選択肢が広がり、それが将来の余暇、仕事に結びつくと考えています。

科学的根拠に基づいた質の高い療育
(科学第一主義)

ココステージでは、(公社)子どもの発達科学研究所と連携の上、利用者である子どもたち一人一人の支援に対し、科学的根拠(エビデンス)に基づいた質の高い療育を提供します。つまり私たちの支援の根拠は科学です。そして科学を第一にした上で、教室や支援者の個性を活かしていきます。

科学的根拠のある支援方法の採用
科学とは「再現性の確保」を意味します。つまり、科学的根拠(エビデンス)のある方法は、一定の効果が予測されていることを意味します。また私たちが使う科学は主に次の3つです。第一に、利用者である子どもたち一人一人の特性を理解するために、(公社)子どもの発達科学研究所が提供する『発達と学びの脳機能モデル』を用います。第二に、利用者である子どもたち一人一人の支援をする上では、子どもたちの行動を環境との相互作用として考え、行動支援を行う『応用行動分析学』を用います。第三に、利用者である子どもたち一人一人の発達の危険因子を減らし、保護因子を増やすことを考えるために、『疫学統計学』を用います。
科学的根拠のある環境の提供
学習の成果は行動の変化で現れます。私たちは、利用者である子どもたち一人一人が、それぞれの環境の中で、適切な行動を増やし、逆に不適切な行動を減らすことを目指します。行動は環境との相互作用と考えられますので、子どもたちの脳機能特性に合った物理的環境、時間的環境、人的環境を用意することを大切にします。
ココステージでは、どの教室、どの支援者でも、質の高い支援を実現するために、『環境設定』を重視し、それぞれを自己評価の上、日々改善していきます。
新たな研究結果の迅速な実践
ココステージでは、(公社)子どもの発達科学研究所と連携の上、新たな研究結果を迅速に現場に還元します。ここで言う新たな研究結果とは、新たな『発達と学びの脳機能モデル』であったり、新たな『支援方法』『支援プログラム』であったりします。
ココステージ本部にある「子どもの発達支援システム研究所」においては、独自のプログラム、教材を開発しており、それらを実験的に使いながら、さらに良いものを開発していきます。
システム化された職員研修の提供
支援の質は、科学的根拠(エビデンス)のある支援方法、環境だけでは十分に担保することができません。何よりも支援を行う“人”が大切なのです。そこでココステージは、システム化した職員研修を実施します。支援の場には、様々な資格、バックグラウンドをもった人が集まりますが、ココステージFCでは、そういった資格やバックグラウンドに加えて、独自の研修受講を義務づけることにより、支援者の質を担保します。

スタッフの専門性の向上と働きやすさの実現

ココステージは、質の高い支援を実現するためには、職員こそ、大切にしなければならないと考えます。職員一人一人の専門性の向上はもちろん、職員の働きやすさは、やりがいや意欲、精神的な安定につながり、それはそのまま支援の質に直結するからです。

職員のスキルアップを支援する研修の提供
ココステージでは、(公社)子どもの発達科学研究所と連携の上で、「発達と学びの脳機能モデル」「応用行動分析学」「疫学統計学」等の科学を、どう実践の場につなげるのかを包括的に学びます。こうした研修は、単なる机上のものではなく、一人一人のスタッフが考え、実施できるように、様々な演習を通して行います。これらの研修は段階的にシステム化されており、一人一人のスタッフが自らの資格、意欲、バックグラウンドを活かすことができるようになっています。
こうした研修は、スタッフの評価につながり、高評価のスタッフには好待遇が与えられます。
スタッフの働きやすさを実現した業務支援の実現
ココステージでは、スタッフが日々の業務を効率よく行うことができるように、多くの業務を独自に開発したBePSSを通して行うことができるようにしました。BePSSでは、日々の記録はもちろん、最も負担が大きい子どもの評価や支援計画の作成などもサポートします。
またココステージでは、日々の業務、週の業務、月の業務等を徹底的に洗い出し、システム化していることから、利用者に係わる様々な業務を効率よく、落ちなくすることができます。
リスク管理の徹底
対人支援の仕事では、どうしても様々なリスク(クレーム、事故、災害など)が付きまといます。ココステージでは、そうしたリスクについて、細かく分析した上で、予防、初期対応、事後対応のマニュアル化を行っています。そのことにより、支援者個人にかかるリスクは減りばかりか、リスクを減らすことができます。
こうしたリスク管理により、一人一人のスタッフが安心して働くことができます。

持続可能な障害福祉サービスの提供

ココステージは、質の高い障害福祉サービスを持続的に提供することが、利用者である子どもたち一人一人とその保護者、家族の幸せだけでなく、我が国全体の公共の福祉に寄与すると考えています。そのことから、この障害福祉サービスを事業主体にとっても持続的に経営ができるようにシステム化しています。

障害福祉サービスにおける高い価値の創出とその適正な確保の実現
適正な利益の確保による息の長い経営の実現